お金持ちとそうではない人の違いはお金を使うかどうかで決める

お金持ちとそうではない人の違いは何かと聞かれれば、私は明確な答えを持っています。それは、何かやる場合一億円をすぐに出せる人はお金持ちですが、それ以外はお金持ちではないということがいえます。
最近、楽天ポイントで投資信託が買えることでかなり楽天ポイントが話題になっていますが、多くの楽天ポイントで投資している人たちは、投資先の投資信託が上がろうが下がろうが「所詮はポイント」という感じで全く影響を受けません。
つまり、お金持ちにとって一億円という金は多くの人にとっての楽天ポイント1000円分くらいに思える金額にならないとお金持ちとはいえないのです。
もちろん、今回はあえて金額を一億円にしましたが、これが100万円でも10万円でもいいのです。この何々円という金額が多ければ多いほどお金持ちだといえますし、この金額が少なければ少ないほど貧しいといえるのです。
ですから、多くの金額を持っていてもこの金額が少ない人というのはお金持ちといえないのです。