家族でお出かけするときに最近困るのが、子供2人の好みの違いです。
春なので、いちご狩りに行きたいな!と場所を探していて、
ふと、いやいや、姉はいちご大好きだけど妹はいちごイマイチじゃん。どうしようかな。。。
とか、
アンパンマンミュージアムに行こうかな!となっても、
いやいや、姉はもうアンパンマン卒業してるよね。。。とか。
まぁ結局はいちご狩りもアンパンマンミュージアムも行ったんですけどね。
結果、アンパンマンミュージアムでは、テンション:妹100%姉70%
いちご狩りでは、いちごをはさみで取るのが楽しかったらしく、いちごは3個しか食べなかったけど、テンション:妹本人的には100%姉100%
でした。妹はいちごを食べないことに不満顔でもありませんでしたし、もっと取るー!と言ってテンションMAX!
それを見て、いちご食べれなくても楽しいんだな。と気づかされました。
行ってみたらなんとかなるもんなのかもしれません。
ということで、次に何をするのか計画するのが楽しみです。
でも目下よく週末に出かけるのは、季節もいいので公園率80%です!脱毛ラボ コース

先日、愛犬のミニチュアダックスをトリミングサロンに連れて行った時の話です。

そこはよく行くお店でいつも通りシャンプーコースで預けました。
仕上がり予定時間になって向かえに行くと、まだ台の上にのせられて作業しているではありませんか!
そして犬が私を見るとしっぽをブンブン振って喜んでいました。

まだなんだなーと思って引き返そうとすると
トリマーさんが私に気づいて
台にのせられている犬ではなく、奥のケージに入っていた犬を連れてこられました。

おもわず台に乗せられていた犬を二度見してしまいました。
そっくりなんです。うちの愛犬に!
それて奥のケージにいて連れてこられた犬はたしかにうちの愛犬でした。

同じミニチュアダックスで顔も毛色も大きさも本当によく似ていて
こんな偶然ってあるんですね。

それにしても私を見てあのワンちゃんはなんであんなに喜んだんだろう。

反応からして絶対うちの犬だと思ったのに
よっぽど人懐っこい犬か、私を飼い主だと勘違いしたか
ワンちゃんの気持ちが気になります。

私は自分の犬は見分けられると自信を持っていたんですけど、
今回で自信を失いました。

貪るように本を読む。だからと言って全部を覚えている訳ではない。ただひたすら文字を追う。積み重ねていた本を減らしていく。その作業が気持ちいいのだ。かなり溜めていたフリーペーパーも次々読む。とりあえず貰ったけどこれは要らなかったとか、意外に面白いからこれからもチェックしようとか、選別していく。それで何か得をする訳でもない。ざっと眺めているだけだから、賢くなる訳でもない。Twitterのネタにはなるかもしれないけど、別にそんなことを目的にしている訳でもない。ただひたすら文字を追う。それが私のストレス発散法だ。ちゃんと読書もするのだけど、ストレスが溜まってくるとじっくり読む余裕がなくなる。そんな時は、机に置いてある積ん読本や、図書館でとりあえず借りてきた本を並べて、次々読む。楽しいかどうかは無視。読む、減らす、選別する。すると、ふと没頭していく本があることに気づく。そうしたら深呼吸の合図。紅茶なんかを用意して、ゆっくりその一冊に向き合う。気持ちが解れて、文字が目に入ってくる。あぁ疲れてたんだなぁ…なんて思いながら眠りにつく。こんなストレス発散法は私ぐらいかもしれない。