これは良いことなのか…それとも悪いことなのか…?
最近、年齢を重ねてきたからなのでしょうか。
自分で言うのもなんですが、神経が図太くなってきたと感じることが多くなりました。
以前なら、起きた出来事に振り回され都度へこんでいましたが、それは今ではほとんどありません。
「あー…そんなことよくあるよね」と受け流せるようになったのです。
周りからも「数年前までは結構繊細なイメージだったんだけど、最近結構はくがついたよね」と言われ、褒められているのか?それとも、けなされているのか?よくわかりませんが(笑)
個人的にはそんな言葉もプラスの方向に捉えています。
職場やプライベートのことで悩み、合わない人ともめることもありました。
その時は「嫌だなあ」と思っていましたが、きっとそれが今の自分を作っているのだと思います。
なので、今は辛いかもしれない、けれどそれがきっと未来の自分にプラスになる。
そう自分に言い聞かせこれからも頑張っていきたいです。

お金持ちとそうではない人の違いは何かと聞かれれば、私は明確な答えを持っています。それは、何かやる場合一億円をすぐに出せる人はお金持ちですが、それ以外はお金持ちではないということがいえます。
最近、楽天ポイントで投資信託が買えることでかなり楽天ポイントが話題になっていますが、多くの楽天ポイントで投資している人たちは、投資先の投資信託が上がろうが下がろうが「所詮はポイント」という感じで全く影響を受けません。
つまり、お金持ちにとって一億円という金は多くの人にとっての楽天ポイント1000円分くらいに思える金額にならないとお金持ちとはいえないのです。
もちろん、今回はあえて金額を一億円にしましたが、これが100万円でも10万円でもいいのです。この何々円という金額が多ければ多いほどお金持ちだといえますし、この金額が少なければ少ないほど貧しいといえるのです。
ですから、多くの金額を持っていてもこの金額が少ない人というのはお金持ちといえないのです。