星などについて演習しました。ハーシェルが考えた銀河系の方法(1785階級)で間隔の数は、日光ーシリウス時間間隔をもとに推定されたものを現在の長さに換算しました。1910歳にアメリカのシャプレーは銀河系全域に大きく分布すると感じる球状星団に着目し、銀河箇所から離れた球状星団の間隔を測定し、その分布イラストをつくれば、その分布の中央が銀河系の中心と一致するハズであると考えました。そうして得られた球状星団の分布は、いて座の道筋に日光から約2万8000光年離れた職場を中心とし、半径約7万5000光年に及んでいました。球状星団の分布する半径約7万5000光年の科目をいらっしゃいといいます。球状星団は銀河系の全域に散らばって分布しますが大部分の恒星や散開星団、星時間物質は中央部にふくらみを秘める円盤状の部分に集まっています。このようなことを覚えましたが、知らなかったことがほとんどだったので、知らないことを知れて良かったです。